不眠の治療に睡眠薬を使う時の大きな誤解

薬の画像

多くの方は睡眠薬と聞くと依存性の高い薬で危険といったイメージを持たれることが多いと思います。そして不眠症や睡眠障害で悩む方は飲めばすぐに治るといった勘違いもしています。

一昔前の睡眠薬であれば呼吸機能や循環機能を抑制するタイプが多く、依存性も強いものでしたが、現在では研究が進み、呼吸や循環機能に影響を与えないものが開発されています。現在処方される睡眠薬の多くは脳の内部にあるベンゾジアゼピンといった受容体に作用して副作用などがありません。

安心して使うことができます。

ただし睡眠薬は飲み始めて急にやめると離脱症状として不眠が再発する恐れなどもあるため、使うのもやめるときには医師としっかり相談して徐々に減らし行くことが大切となります。やめる時期としては不眠が改善されて約1ヶ月以上が経過していること。不眠症状がなくなっており、自分で寝れるといった自信があることが睡眠薬をやめる頃合いの条件となります。

ですから、昔のように睡眠薬は危険といった考えは古い考えとなり、正しく付き合っていくことで睡眠障害を克服できる強力なアイテムとなります。またどうしても睡眠薬が嫌な場合には植物由来成分によって眠りを誘うようなサプリメントも販売されています。植物成分を使っているので体には安心で副作用などもありません。

また睡眠障害などは厚生労働省においても色々な説明がされていますので目を透しておくと知識も深まると思います。
【参考サイト】厚生労働省ー睡眠障害について


睡眠薬の基礎知識&常識&非常識

睡眠薬より酒の方が安全!?

まずアルコールを摂取したからといって熟睡ができるわけではありません。アルコールは寝付きをよくするのには効果的ですが、睡眠に質といった観点ではかなり悪くなります。しかも寝るためにアルコールを毎日飲んでいるとお酒への強さもUPして毎日飲む量が増える可能性が高いです。そうなるとアルコール依存症などの別トラブルに見舞われるケースもあります。

 

睡眠薬は癖になってしまう!?

睡眠薬の影響でないと寝れなくなるといった状態にはなりませんが、飲み始めてから、いきなりやめると一時的に不眠症になる可能性があります。なのでまた使ってしまうといった循環があるので癖になるといった感じで伝えられています。服用を中止する場合には自分の判断ではなく、医師や薬剤師に必ず相談して最適な中断方法をアドバイスしてもらうようにしましょう。

 

睡眠薬は認知症になる!?

睡眠薬を飲むと認知症になるといったデマ情報がありますが、まずそんなことはありません。徐々にやめていくことで頭がボーッとなることもありませんし、今の睡眠薬は副作用がでるものではありません。ただしいきなりやめてしまうと頭がボーッとしたり気だるい感じになるケースがあるのでやめ方が大切となります。

 

アルコールと睡眠薬を飲んでも平気?

これは絶対にNGです。アルコールや睡眠薬には神経の興奮を抑えて、体の筋肉などを落ち着かせる作用があります。両方を一緒にやると効きすぎて記憶がなくなったり、体がだるくなったり、翌日にしっかりと目覚めることができなくなります。
 

過剰なダイエットは不眠症の入り口?

ダイエットと女性は切っても切り離せない関係でいます。若い世代の場合は少し無理をしたダイエットをする方も多いのですが、この過剰ともとれるダイエット方法は非常に危険でもあります。まずホルモンバランスが崩れてしまい、体の調子が悪くなります。そうなるとリズムも狂いだしてしまい、夜中にお腹が減ったりして起きてしまうんですよね。また栄養不足にもなりがちで睡眠に必要な栄養を摂取できないケースも多々あります。ダイエットを行うなら無理のない形でしっかりと行うことが一番大切ですね。今流行りのグリーンスムージーダイエット(http://xn--t8j4aa4nxiubg62a4c4dsedb.net/)などの栄養がしっかりと摂れるダイエット方法がいいです。また置き換えで行う場合は1日1食に留めておくことが最適です。


40代、イライラや寝付きが悪かった私の不眠解消体験談

40代の女性画像

私は睡眠障害や不眠症までいかないほどでしたが、夜なかなか寝付けなくてイライラすることも多かったです。そんな私も一回は病院へいったのですが、まだ軽度の症状なので薬に頼るのはやめた方が良いといった医師の判断でした。その時に頂いたアドバイスは食生活や生活習慣の見直しを重点的に行うことです。

私は仕事も忙しく、ストレスを感じることもあったので、そういった環境も夜寝付きが悪い状態を作っていると言われました。仕事を変えるわけにはいきませんので私はできるだけストレスを感じないように気持ちを改めて仕事をするようにして、仕事関係はどうにかすることにしました。

食事はほとんど外食が多いので食べるものに気をつけるようにしましたが、やはり外食では栄誉が偏ってしまうので、補うためにサプリメントで補充することにしました。色々とネットで調べてみると休息サプリといった安眠に良い成分を含んだサプリが販売されていることを知って、使ってみることにしました。

栄養補給と少しでも体がラクになれば良いといった考えだったのですが、このサプリメントと出会ったおかげで私の睡眠の質はだいぶ、改善された感じがしています。

食事や生活、サプリを飲み始めてから約3週間が経過していますが、今では布団に入れば15分以内に就寝ができるようになりました。朝の目覚めも昔とくらべて数倍も気持ちよくなり、だるさなどはありません。睡眠薬に頼らずにしっかりとした質の良い睡眠は作ることができるので諦めずに向き合うことが大切と実感しました。

最後に私とサプリメントを結びつけてくれたサイトを紹介したいと思います。
現役看護師が選定!睡眠サプリ大特集ランキング
http://xn--vck8crc5cs101cela.com/