市販されている睡眠改善薬ってどうなの?

テレビや雑誌などにも多く掲載されている市販の睡眠改善薬といったものはかなり増えてきました。市販薬の多くは抗ヒスタミン剤で、乗り物酔いやアレルギーに使われる薬と同じ成分になります。使ったことがある人ならわかると思いますが、乗り物酔い、アレルギー薬を使うと眠くなる傾向があります。

その作用を利用して作られています。手軽に購入できるので使う方も多いですが、病院から処方される薬とは働き方が違いますし、作用も薄いです。近所の騒音で寝れない。環境が変わって寝れないなどの軽度の場合の症状に対しては十分な効果がありますが、慢性的な不眠症などにはあまり実感がないかもしれません。

また市販薬を長期間服用すると副作用を起こる場合もあります。

市販薬を飲めば病院に行く必要もないと感じている人も多いと思いますが、市販薬は作用が弱く、不眠症を治療するものではないので慢性的な場合には必ず医療機関での受診が必要です。

もし軽度の不眠症で副作用などが怖い場合は植物成分を使用した安全なサプリメントタイプの方が体に安全で安心することができます。これは植物由来の成分を凝縮しているので体に害があるものではありません。効き目は個人によってかなりの違いがあると思いますが、体の健康や調子も整えてくれるので市販薬よりも私は良いと感じています。