4タイプある睡眠薬の種類

睡眠薬にはいくつかのタイプが存在します。それは作用時間によって分けることができます。超短時間作用、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型といった4タイプです。

日本で主流となっているのが超短時間作用型と短時間作用型の2種類です。

そして主流となっており使用されているものがベンゾジアゼピン系とメラトニンアゴニストと呼ばれる薬です。これらは適正な用量や用法をしっかりと守っていれば、副作用は少なく安全性の高い薬となります。

超短時間作用型とは

作用する時間が約4時間前後。短いものでは2時間〜3時間といったものもあります。寝ることが困難な人に処方される傾向があり、入眠障害に適しているとされています。

 

短時間作用型とは

4時間〜10時間の間、作用が続き、中途覚醒や熟眠障害に適しているとされています。

 

中間型・長時間型とは

不眠なるとストレスや不安を感じる傾向がありますが、それらを緩和する作用もあります。長いものでは約40時間も作用する薬もあるそうです。熟睡できない人や朝になるとすぐに目が覚めてしまうといった早朝覚醒タイプの方などに適しているとされています。あまり日本では処方されない場合が多いです。