うつ病による不眠症の治療方法

医者と薬の説明

うつ病が原因で不眠になる方も多いです。そんな時に行われる治療方法について解説していきます。治療の基本となるのは3種類ですが、休養、薬物治療、精神治療といった3種です。

休養では体と心を休めるのが基本になります。うつ病治療ではこういった療法は不可欠とされています。精神療法では医療機関により違いが多くあり、認知療法、行動療法、認知行動療法、森田療法、支持療法などがあります。これは医師のカウンセリングをもとに決めたれたりしますね。そしてこの時に医者からうけるアドバイスも精神療法の一環として捉えられています。

うつによる不眠の場合は改善されていくことで不眠症も良い方向に向かうのですが、抗うつ剤は不眠に対してあまり効果がないとされています。こういったケースでは睡眠薬を同時に処方されるのが一般的となります。薬の効果が実感できるまでは個人差がありますが、1週間〜2週間を目安に考えると良いとされています。

注意点は薬の効果が見られないから服用をやめると意味がありませんので、しっかりと効果が現れるまで使う事が大事。

そして、症状が緩和されてきても医者の指示があるまでは服用をやめることは避けるべきです。専門ではない素人が勝手にやめてしまうと症状がぶり返し、以前よりも酷くなったケースもあります。必ず医師の指示通りに従い正しい薬の使い方を守ることを心がけるようにしましょう。